>>賃貸住宅を探す

賃貸住宅を選ぶときには

迷わない不動産賃貸物件の選び方

マンションにハイツ、コーポに貸家など。賃貸物件というのは非常にバリエーション豊かで、数も多く、迷ってしまう、というのが実際のところだ。どのように不動産賃貸物件を選ぶと良いだろうか。

1.賃貸にするなら、路線と駅で生活をイメージする

まず賃貸住宅と決めたら、路線と駅で住みたい町をイメージしよう。会社まで何分ぐらいで行きたいとか、子供の通学時間などを考えて絞り込んでこう。釣りなどの趣味がはっきりしている人なら、好きなスポットから1時間ぐらい、といった条件があるものだ。

 

ただし、「この駅でなければダメ」なんて最初からあまり細かく絞ってしまうと、出会える物件があまり少なくなってかえって良い物件と出会いにくくなる。最初はやや緩やかに複数の駅を指定して探すのが良いだろう。隣の駅だって、実際にはあまり変わらない場所だった、ということは良くあるものだ。少なくとも通勤などの条件にはあまり影響しない場合も多いものだ。

2.予算を決めたらいろいろな物件を検索する

賃貸物件の読み取り方には慣れが必要だ。どんどん物件情報を見て、目を慣らしていこう。間取り図をどんどん開いて、「この間取りでこの家賃か」という記憶をたっぷり蓄えていこう。物件を比較していくと自分に向いた部屋がどういうものか、次第にはっきりしてくる。具体的な物件情報を見ながらでないとなかなか条件が絞り込めないものだ。

 

例えば、これから子供が大きくなっていく、というタイミングなら、収納の余裕がほしいものだ。クローゼットがあるというだけではなく、収納家具を建てられる壁があるかどうかも考えておきたいところだ。また、子供が自分の部屋を持つ年齢をいくつとするか、これも家族の方針で大きく変わるところだ。これは夫婦で話し合っておこう。

 

シングルで友達をたくさん連れて来よう、と考える人なら、広い目のリビングダイニングの部屋が良いだろう。そうすると自分のプライバシースペースを確保しておかないと困ることもあるので、独立性の高い寝室を確保したいところだ。自分が困っているところまでイメージしておくことができれば、物件選びは的確になっていく。

 

「予算を決めて」と最初に書いたが、それは検索の都合だ。実際、納得できる物件に出会うまでは、何度でも予算を変えて検索を繰り返し、出てきた物件を見ることで、どのあたりが許せる条件か、ということが見えてくる。例えば、家賃を5,000円少なくしたら駅からの距離が変わったな、とか、でもこの距離なら許せるな、ということを条件を変えて検索することで発見していこう。

3.見学の時は、建て付けや臭いもしっかり確認

賃貸物件を実際に見に行こう。

この頃は賃貸マンションでもコーポでも、外観はきれいで、内装も美しく、設備も良いもの。なので、どうチェックしたら良いのか分からないといったところがあるだろう。見た全物件「割と良いですね」なんて、ちっとも結論が出なかったりする。

では、最低限ここから見ていこう。

部屋の内部

・部屋の臭いにはワケがある

こもった感じの臭いはぜひ印象に残しておこう。どの空き物件も、そんなに換気していないかもしれないが、中でもこもったような臭いがするのは、見学が少なくて人の手が入っていないか、換気が悪すぎるか、臭いの原因があるか、のどちらかだ。

 

・収納家具の建て付けが悪いこともある

扉を開け閉めして、しっかり閉まるか、音はしないか、などを見てみよう。

 

・押し入れの仕上げはていねいか?

押し入れ、天袋などは工事のていねいさが分かりやすい場所。扉を開けて、内装のほころびがないか、しっかり確認しよう。

 

・隣家の騒音、あとで気付くとトラブルの原因に

マンションなどの賃貸住宅暮らしでストレスになるものと言えば、隣家の生活音がうるさいといった騒音問題だ。相手に悪気がなく毎朝毎晩だったりするので、困ったものだ。窓を閉め切って、どれぐらい周囲の音が聞こえるか、しばらく聞いてみよう。

 

・窓を開いて風通しをチェック

暮らしを快適にするには、風通しの良さは欠かせない。あまり良くないと湿気がたまってダニなどの被害に悩むこともある。今度は窓を開放して、風の抜け道を探そう。

 

・日当たりを見るならコンパスを忘れずに

コンパスを持っていって、何時ごろにどう日が当たっていたか、チェックしておこう。

周辺にもしっかり目配り

・ごみ捨て場、駐輪場で管理の質を見る

こうした場所がきれいかどうか、ということで、住民の質や管理の行き届き方が分かる。あと、共有の廊下に私物がたくさん出ているところはあまり感心できない。郵便受けも、チラシであふれていたり、要らないチラシが床に投げ捨てられているようなところは要注意だ。

 

・道路の混雑具合は時間帯で確認

これは意外に難しい。というのも時間帯によって変わってくるからだ。できれば何度か訪れて、今住んでいる場所の近くなら、時間を変えて通りかかってみることがお勧めだ。

 

大切なのは子供の通学時間、下校時間に混みあって危険ではないか。抜け道になっていると、狭いところでも通勤の車が通学路に危険を与えているものだ。あと、夜もバイクがうるさく走るようなのは敬遠したいところだ。

 

・夜の光・音

昼間、たくさんの物件を駆け足で見て回ると、気付かないのが、看板のたぐいである。夜行ってみると、近くのパチンコ屋さんのネオンが明滅していた、なんて笑えない例もある。2階ぐらいの物件では、近くのコンビニの明かりで照らされてしまっている、ということもあり得る。

 

夜に訪れたら、騒音もチェックしておこう。カラオケをやっている飲み屋や、バイクが集まるコンビニなどは要注意だ。

Favorite

和装ウィッグ

最終更新日:2017/10/25